トップページ > 料金表

料金表

相続手続き・個人のお客様

サポート内容 費用
公正証書遺言の存在確認 4,700円
相続人の調査 39,700円(3人まで、4人以上の場合は1人につき9,700円追加)
相続関係説明図作成 29,700円
金融機関の調査 29,700円/金融機関2件まで 3件目以降9,700円/1件
不動産の調査 自宅の土地および建物 49,700円
自宅以外の土地・建物 29,700円/土地1筆、建物1棟につき
遺産分割協議書作成 49,700円~
金融機関相続手続き 39,700円/金融機関2件まで 3件以降19,700円/1件
不動産名義変更 ※3 39,700円~59,700円
サポート内容 費用
相続手続きフルサポート 249,700円~
含まれるサービス

・公正証書遺言の検索
・戸籍謄本、住民票など必要書類の収集
・相続関係説明図作成
・金融機関の口座の調査 2行まで ※1
・不動産の調査 ※2
・遺産分割協議書の作成

・銀行等、金融機関の相続手続き

遺言書作成費用

項目 費用
公正証書遺言作成フルサポート ※4 97,000円
証人費用 ※5 9,700円
遺言執行費用 遺産総額の1%(最低30万円)+実費
尊厳死宣言公正証書作成 ※6 49,700円
自筆証書遺言リーガルチェック ※7 19,700円

※料金に含まれないもの

●消費税

●戸籍・住民票・印鑑証明書、固定資産評価証明書等の取得費用の実費

●公正証書作成時の公証役場へ支払う手数料

●金融機関の残高証明書発行費用

※1 金融機関3行以上ある方は、追加1行あたり9,700円の追加となります。

※2 対象不動産は土地1筆、建物1棟。その他の不動産は、1筆、1棟あたり29,700円の追加となります。

※3 不動産の名義変更はパートナーの司法書士が行います。司法書士への報酬及び、登記に必要な手数料は別途ご負担頂きます。

【登録免許税(相続登記):不動産評価額×1000分の4 】

※4 公正証書作成の手数料が必要になります。(下記公証人手数料をご確認ください)

※5 証人になって頂ける適当な候補者が見つからない場合、こちらで証人をお引き受けいたします。費用は一人当たりの料金です。その他、公証役場に相談すると紹介して貰えます。その場合にも日当等を支払う必要があります。

※6 尊厳死宣言公正証書作成費用が別途必要になります。

【基本手数料11,000円+謄本交付手数料】

※7 自筆証書遺言のチェックについては遺言書記載の文言が法律上の要件に適合しているかどうかの方式の不備を確認するものです。

準確定申告や、相続税の申告手続きが必要な場合には、ご要望により提携の税理士が担当いたします。その際は、税理士への手数料は別途お支払頂きます。

公証人手数料

項目 費用
100万円以下 5,000円
100万円超 200万円以下 7,000円
200万円超 500万円以下 11,000円
500万円超 1,000万円以下 17,000円
1,000万円超 3,000万円以下 23,000円
3,000万円超 5,000万円以下 29,000円
1億円以下 43,000円
1億円超 3億円以下 43,000円+5千万円ごとに13,000円
3億円超 10億円以下 95,000+5千万円ごとに11,000円
10億円超 249,000円+5千万円ごとに8,000円

全体の財産が1億円以下の場合には、算出した手数料額に、11,000円が加算されます。

遺言書の正本、謄本の作成手数料が掛かります。

遺言者が病気などで公証役場に行くことができない場合、公証人に出張作成して貰うことが出来ますが、その場合、作成手数料が50%加算されるほか、公証人の日当(2万円、4時間以内は1万円)と交通費がかかります。

<例>1億円の財産を妻に6千万円、長男に4千万円相続させる遺言の場合。

(妻)4万3,000円+(長男)2万9,000円+1万1,000円(加算分)=8万3,000円
公証人手数料は8万3,000円です。(謄本作成手数料は除く)

無料相談の予約バナー

相続

相続

遺言書

遺言書

事務所

事務所